· 

毎日の通院

強制給餌前のうさぎ

おはようございます。昨日は更新していなくすみません。

 

一時は、「開腹手術を検討してください。」と動物病院の院長に言われたり、「もう回復しないのでは?」とかうっ滞で記事を書いている方のブログを読んだり民間療法(※次回書こうと思います)に頼ってみたりしました。

 

正直、原因がわからない病気に対して、祈祷を検討するような気持ちも分かった気がします。※祈祷での治療はしていませんが。

 

現在、モカちゃんは回復傾向にあります!😊

 

正直、どこに回復要因があったかと思うと、思い切って「注射での治療をやめた」ことにあるかと思います。ただ、これは先週毎日通院したからこそ、一回「やめてみる」治療をすることができたのだと思います。

 

病院が休みの日以外は、毎日病院に行きました。その度に皮下注射と抗生剤物質の注射をやってきました。

 

でも、病院に連れて行った初日と全然変わらず、回復への糸口が見つからず…。

 

とりあえず病院がお休みの日があったので、その日は、家で投薬のみでした。

 

んんんんんんんんん?いつもよりチモシー食べてるやん!!

 

その次の日、また病院に行って先生に事情を話しました。まだお腹に食べ物が残っている状況ではあるけど、今日は注射をやめてみましょう。と。院長も「ストレスよぉ~!」と。

 

「もし、病院に連れて行った日よりも体調が悪くなるようならもう一回注射しますが、一旦投薬だけにしましょう。家にご家族の方がいることができるようですし。」

 

ということで、投薬だけの在宅治療にしたところ…、みるみる回復しはじめています。

 

写真は、投薬直前のモカちゃん。私は右利きなので、モカの目を左手で覆いつつ、右手で注射器のようなスポイトを持ち、横から「えいやっ!」とあげていました。

 

今後の参考のため、かかった治療費を記載します。毎日通院していた際、だいたいこれくらいの治療費がかかっていました。

※「電解質パウダー」については、次回、ご紹介したいと思います。

 

【本日の病院代金】

再診料(定期的に通っているため):500円

皮下補液:2,000円

皮下注射:1,600円

皮下注射:1,300円

電解質パウダー:230円

=====

合計:5,630円(税抜き)

 

では、また!次回も、うっ滞治療について書きたいと思います。

LOVE♥♥Lionhead rabbit

もねもかどっとねっとのロゴ

ライオンラビット、ライオンヘッドが好きな飼い主によるうさぎの飼育に関するブログ。うさぎの飼い方やうさぎあるあるをご紹介しています。また、うさぎ関連のおやつやグッズなども展開しています。