うさぎの子宮がん


これは完全に親(わたし)の配慮ミスだと思います。

特に対処できないような発情期の状況にもなっておらず、腰をヘコヘコするのが案外可愛かったので放置していました。

ペットショップによっては、早めに手術することをおすすめしたり、そもそも手術してからお渡ししたり…ということもあるようです。

適齢期は1さい~2さいまでの若いうちに摘出手術をすることのようです。

ちなみにドイツでは5,000円くらいで手術できるとか。日本だと総額50,000円くらいするところもあるのに…。

子宮がん手術を終えたモネさんの写真
抜糸後のモネさん。おなかの辺りが痛々しい。

出血

トイレ掃除をするときに、赤っぽいような、、オレンジっぽいような…いつもより色が濃いおしっこがペットシーツに付いていた。何度も同じ場所でおしっこしたから濃かったのかな?と思ったが、赤い点が残っていたのが異様に気になって病院へ。

別に何もなければそれでいいし。くらいに思って爪きりのついでに連れて行ったが、先生がピンと来たようで、検査すると子宮がん。ちなみにこのとき3さいで、「繁殖する気がないならもっと早く手術したほうがよかったと思う」と言われた。


エリザベスカラー

手術は無事成功。エリザベスカラーをつけて家へ帰る。3日くらいは大人しくしてたが、食糞(うさぎはう〇こ食べます)できず、いたるところにクサーイう〇こが。せっせと掃除していると、モネは端っこの部屋へ。

端っこの部屋でのんびりしたあと、あれ?エリザベスカラーがない!

ん?テープが部屋の柱に…。。器用にテープを柱にひっかけカラーを外したようでした。すぐにつけてモネが自分で抜糸をしないよう対処しました。

※エリザベスカラーが外れてしまうと、うさぎさんは自分でおなかをペロペロしたり抜糸したりしてしまうようです。危険なのでカラーは絶対つけておくように!



費用

レントゲン2枚(全体):2,500円

血液検査:8,000円

お薬代(化膿止め):1,500円

診察料:1,000円

手術、カラー代:25,000円

再診料(抜糸代):2,000円

※消費税については記載していません。

※動物病院によって差があると思います。おおよその目安にしてください。


もねもかどっとねっとのロゴ

ライオンラビット、ライオンヘッドが好きな飼い主によるうさぎの飼育に関するブログ。うさぎの飼い方やうさぎあるあるをご紹介しています。また、うさぎ関連のおやつやグッズなども展開しています。